2012年06月30日

平成24年度 第八回弓道入門講座(柏地区弓友会)

おことわり:
今年度の弓道入門講座の申込受付は終了いたしました。




第八回弓道入門講座

今日は、残すところ2回、第八回弓道入門講座でした。
的前に立つのも楽しみになってきた頃でしょうか。
弓に弦を張るのにも慣れてきたように見えます。

副会長からのご挨拶後直ぐに弽(ゆがけ)を着け、弓と一矢を携え、先回の
復習も交え新たなる練習ポイントを受講しました。
射法八節の中でも、胴造り、打起し、大三への流れの中で大切な両手の位置、
肘の使い方、歪みの無い重心等に焦点が当てられました。
又、的付(的に狙いを付ける)の際の眼の使い方、的付の目安もご指導を受けました。

鏡の中の.JPG


入場、坐射(一矢)、退場(今回初めて揖も含め本格的な退場)、そしてこれも初めての
矢取り、以上の流れを数回練習しました。
緊張は見受けられましたが、確実に弓道教室を受講している成果を感じていることと
思います。ご指導を受けた的付を実践されたからか、的に中てた方もいました。

行射.JPG

家での自主練習の課題も出されており、反復練習を頑張っていきたいと思います。

(by maria)


次回は7月7日(土)です。
星に願いをかけつつ、弓を手に。
posted by 柏弓ed at 21:23| 弓道教室 - 柏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

平成24年度 第七回弓道入門講座(柏地区弓友会)

第七回弓道入門講座

全十回の弓道入門講座も七回目、そろそろ仕上げの段階となりました。
今回は以下の内容を行い、密度の濃い講習となりました。
1.柏地区弓友会副会長による挨拶
2.基本体の復習
3.行射


1.柏地区弓友会副会長による挨拶(弓道修練の心構えなどについての簡単な講義)

 1)弓射とは、体配(起居進退および身体の構え・心の構え)と射技が
   合わさったもの。
 2)弓道とは人間修養の場であること。
   対峙する敵や相手は存在せず、ただ的があるのみ。
   つまり、自分自身と向き合うということなのです。
   自分に克てるかどうか。
 3)射場への入退場の際は、上座へ揖をする。
   上座:神棚や国旗などがある所。
   その両方がある道場では神棚の方が国旗より上位となります。
 4)弽(ゆがけ)や胸当ては、正坐もしくは跪坐で着脱する。
 5)例えば射を行う時はひとりでも数人揃って入場することからも分かるように、
   調和の美を求められるのです。

 また、締めくくりの講評の中では次のことについても仰いました。
 6)物を捧げ持つ時の三つの高さ。
   『胸の高さ・肩の高さ・目の高さ』の三段階があり、弓矢はそのうち
   最上位である『目の高さ』で捧持する。
 7)『左進右退(さしんうたい)』、『下進上退(かしんじょうたい)』。
   つまり『進む時は左足から、退く時は右足から運ぶ』。
   または『進む時は下座の足から、退く時は上座の足から運ぶ』。

2.執弓の姿勢・基本体の復習
 立った姿勢では、なぜ両足を平行に揃えるのか? 
 答えはつま先を開いて立つと、重心がかかとにあり体がぐらつく=隙ができる。
 一方両足を揃えていれば重心は土踏まずにあり、どんな動きにもとっさに反応できる
 =隙がない。
(PCでご覧の方は以上反転してください。
スマホなどでは申し訳ありませんが、答えが表示されない場合があります)
基本体.JPG

3.行射
 前回と同様に、一部省略した坐射で行いました。
五人立。
近的正規の距離(28m)に霞的(小的)をかけ、矢は1本で一斉射。

 入場〜礼(大前)もしくは揖(二的以降)〜本座で跪坐、揖〜射位へ進んで開き足〜
 矢番え〜矢を射る〜退場(退場口での揖はまだ稽古していません)

1立ち目.JPG2立ちめ.JPG3立ち目.JPG

4立ち目.JPG5立ち目.JPG6立ち目.JPg


次回は6月30日(土)です。

(by a.nag)
posted by 柏弓ed at 20:28| 弓道教室 - 柏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

平成24年度 第六回弓道入門講座(柏地区弓友会)

第六回弓道入門講座

今日は、弓道は個人技でもあり、団体技でもあるという一面に焦点を当てた講習会でした。
今までの部分練習を点から線に繋げ、入場から始まり、初めて射位から霞的(小的)を
用いての坐射(矢は1本のみ)を行いました。


大前と二番目以降の入場(礼、揖)、曲がる際の角(かど)の取り方(90度、45度×2)の違い
を練習しました。
入場.jpg


入場の練習を繰り返したのち、初めて、入場、本座での揖、射位にて坐射、退場(この時の
揖は現段階ではせず、敷居をそのまま直進)という本格的な一連の流れを通して行いました。
入場ー射位へ.jpg本座で腰を切る.jpg


一連の流れの中でも、入場の動作の時には団体として息の合った動き、射位では体配に焦点を
当て、射法八節を一人一人、先生にご指導していただきました。
射位ー矢番え.jpg行射.jpg


『初めての本格的な一連の流れを行ない、戸惑いもあったと思いますが、着実に向上して
いる』との会長からの講評がありました。

次回の弓道入門講座は、6月23日(土)です。


<一口メモ>
弽(ゆがけ):
  弽(ゆがけ)は弓を引く時のためのものです。
  着ける(もしくは、さす)時・はずす時は、必ず、正坐または跪坐で行ないます
  (『弓道指導の手引き』P.44より)。
  弓を張る・弦を弓からはずす等の作業の時には必ずこれをはずして行いましょう。
  弽(ゆがけ)は鹿革でできています。革に湿気は大敵です。
  本来なら弽(ゆがけ)は弓射以外の時はできるだけはずすべきで、特にこの入門講座に
  おいても、せめて休憩中ははずし、大切な、かけがえのない弽(ゆがけ)をいたわるよう
  心掛けると良いですね。

(by maria)
posted by 柏弓ed at 14:52| 弓道教室 - 柏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

平成24年度 第五回弓道入門講座

 第五回弓道入門講座

 この日(6/9)は朝から雨。
そして関東地方は梅雨入りとなりました。

的.jpg

そのため今回は、当初の予定を変更して道場の中で執弓の姿勢から
立ち方・すわり方など基本の動作、そして入退場の練習を中心に行い
ました。

■■教室の様子

雨天にも係わらずたくさんの受講者の方が熱心に参加されました。

開会.jpg

まずは執弓の姿勢から

執弓.jpg

歩き方の練習

4M.jpg

坐しての回り方(開き足)の練習

開き足.jpg

入退場の練習

入退場1.jpg入退場2.jpg 

その他「三重十文字」とは、「五重十文字」とは、ということも教え
ていただきました。

次回は、6/16(土)15時〜です。


 お手伝いいただいた皆様方、ありがとうございました。
引き続き、よろしくお願いいたします。

 基本の姿勢・基本の動作を今、しっかり復習して身につけておくと
あと後回り道が少なくなります。
そのことを身にしみて感じている今日この頃(3年目)。
(by y.ara)
posted by 柏弓ed at 20:40| 弓道教室 - 柏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

平成24年度 第四回弓道入門講座(柏地区弓友会)

第四回弓道入門講座

今回からは、弓を弓具庫から出すところからはじまります。
現在は矢、弦巻やゆがけなどは混雑を避けるため予め弓具庫から出してありますが、
いずれそれらも受講生自身の手で準備していただきます。
お互い声を掛け合っての円滑な運営も、弓道修練のひとつですね。

*基本体よりいくつかを実践(弓を持って)

  開き足
座り方ー弓.JPG

*射法八節(弓を持って)

*矢番え(坐射)

矢番えけいこ.JPG
立射甲矢.JPG

*矢道から安土にかけた大的へ矢を射る(立射、矢は一本のみ)
矢道から大的.JPG矢道からその2.JPG

*弓道経験者――主に有段者――は巻藁

巻藁.JPG
巻藁ー会.JPG


*安土の整備(今回は女性)、射場の清掃(今回は男性)

安土整備.JPG射場清掃.JPG



 次回6月9日(土)の研修予定内容は次の通りです。
1.入場〜一本行射〜退場
2.五重十文字について


(by a.nag)
posted by 柏弓ed at 21:25| 弓道教室 - 柏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。